PMS(月経前症候群)を軽くする方法って何??

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る



辛い毎月襲ってくるPMS(月経前症候群)の乗り切る方法って何?

 

ストレスを発散するっ!

 

ルナベリー

 

我慢や無理をせず自然体で過ごしましょう!

 

休日は、楽しいことや自分の好きなことをしてゆっくりと過ごしたりしましょう。ゆっくりと入浴したり、半身浴したり、睡眠をたっぷりと取るのも良いでしょう。

 

軽い運動でリフレッシュ

 

ルナベリー

 

ハードに運動はしなくてOKで、ウォーキングやストレッチなどで、適度に体を動かすことによって、全身の血行が良くなり、自律神経が整います。

 

よって、身体がリラックスして、PMS(月経前症候群)の症状を緩和する効果が期待できるんです。

 

日々の食生活を見直す

 

ルナベリー

 

体にいい食材をチョイスして積極的に取り入れることによって、PMS(月経前症候群)の症状を軽減する効果が期待できます。
私たちの体は、食べ物でできていると言っても過言ではありません(^^♪

 

積極的に取ると良い栄養素はコチラ↓

 

  • 鉄分を含む食材

鉄分が不足すると、貧血や動悸、息切れ、疲労感の原因に繋ながります。
鉄は吸収率が低い上に、女性は妊娠、出産、毎月の生理で知らないうちに鉄分を失うために、積極的に摂る必要があります。
レバー、カキ、赤身の肉、海藻類、濃緑色野菜、ひじき、卵、魚類、豆類、穀類などに多く含まれ、ビタミンCと一緒に摂取すると更に吸収率がアップします。

 

  • カルシウム

カルシウム不足は、だるさやイライラを引き起こします。
慢性的に不足すると、骨がもろくなり、腰痛や肩こり、骨粗しょう症などが起こる可能性が高まります。
カルシウムは、乳製品、濃緑色野菜、小魚類、海藻、豆類、レバーなどに多く含まれ、ビタミンDと一緒に摂ると吸収率が更にアップします。

 

  • ビタミンB群

ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンの8種の総称で、疲労回復や成長促進、貧血予防、エネルギーを生成する効果があります。

 

玄米、小麦胚芽、そばなどの精製する前の穀類、豚肉、牛肉、豚や牛のレバー、納豆などの大豆製品、乳製品、緑黄色野菜、マグロ、カツオ、さんまなどの魚類、あさり、しじみ、ほっき貝などの貝類に多く含まれます。

 

 

ルナベリー

 

その他ビタミンB群や、イソフラボン等女性い嬉しい成分が沢山配合されています!(^^)!

 

ルナベリー

 

ルナベリーは、生理前の肌荒れや、気分の浮き沈み、様々なPMS悩みの緩和・改善が期待できます!

 

ルナベリーは薬ではなく、サプリメントです。食事で栄養を摂るのと同じ感覚なのに、効果が期待できます(^^♪

 

その秘密は一番下層のルナベリーメンイへをクリック(^_-)-☆

 

逆に、PMS(月経前症候群)を重くする食材もあります。
PMS(月経前症候群)にNGの食材とは?

 

ルナベリー

 

砂糖、塩分、コーヒー・紅茶・日本茶・チョコレートなどカフェインを含む食材、アルコール、添加物、漂白した小麦粉とその加工品(パン・ケーキ・パスタ)など

 

甘い物の食べ過ぎや深酒などはできるだけ控え、栄養バランスの取れた規則正しい食生活がPMS(月経前症候群)の軽減や予防につながります。

 

PMS(月経前症候群)は自己管理の仕方で症状が軽減されるというのが、わかってもらえたでしょうか?

 

ルナベリー

 

そんなこと言われても、自己管理が大変そう・・・きちんとできる自信がない・・・・

でも、PMS(月経前症候群)を悩みを解消したい!

 

ルナベリー

 

そんなあなたに!ピッタリなPMSサポートサプリがあります!たったの1日1粒飲むだけ簡単手軽!
PMS(月経前症候群)の症状を軽減する栄養素が十分に含まれているルナベリーをプラスすることをオススメします。

 

今ならキャンペーン中につき初回無料でお試しができます。

 

ルナベリー実質ゼロ円キャンペーンの詳細は公式サイトをご覧ください↓

 

ルナベリー,最安値,返金保証,効果,楽天,amazon,口コミ