PMSが起こる時期とPMSを強くしてしまう要因

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る



PMSが起こる時期とは?

 

女性の体は生理周期によって、ホルモンバランスが変化します。PMS(月経前症候群)の症状が現われるのは、生理の約2週間前黄体期(基礎体温の高温相)の時期です。

 

生理には、月経期→卵胞期→排卵期→黄体期の4つがあります。

 

ルナベリー

 

黄体期とは・・・

 

黄体期とは、排卵期が終わって次の生理が始まるまでの時期を言います。

 

基礎体温が上昇する時期でもあり、高温期とも呼ばれます。黄体期には、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えます。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)は妊娠を助けるためのホルモンともいわれ、子宮内を妊娠しやすい環境に整えてくれます。

 

しかし一方で・・・↓

 

肩コリ、頭痛、腰痛、腹痛、だるさや眠気、逆に不眠、乳房のハリ、イライラする、落ち込みやすい、不安になる、人に会いたくなくなる、食欲が増す、八つ当たりする、仕事上のミスが多くなる・・・等といった、PMS(月経前症候群)の症状が現われる時期でもあります。

 

上記のような症状が周期的に現われる場合はPMS(月経前症候群)の可能性が高いです。

 

 

ルナベリー

 

基礎体温をつけると、PMS の時期を予測できてPMSの対策が取りやすいですよ!

 

 

PMSの症状を強くする要因

 

ルナベリー

 

PMSは日々のストレスや緊張、疲労が蓄積されると、症状が強くあらわれやすくなります。 特に、現代の働く女性キャリアウーマンは、残業続きで無理が重なったりすると、集中力が低下して仕事のミスが増えたり、攻撃的になったり、生活上のトラブルが起きることもあります。

 

こんなあなたは!特に注意が必要です!

あなたは、大丈夫・・・??

 

ルナベリー

 

性格
普段から几帳面、生真面目、過ぎたことをいつまでもクヨクヨ悩んでしまう、細かいことを気にしやすい繊細な性格、つらくても我慢してしまう人あなたは!PMSの症状を強く感じる傾向が見られます。

 

食生活
食生活では、不規則な時間に食事を取る事が多かったり、バランスの悪い食事はビタミンやミネラルの不足が原因でPMSの症状が強くなります。
深酒、タバコ、甘いもの特に洋菓子のケーキ等の嗜好品を摂るあなたも!PMSの症状が強く出る傾向にあります。

 

環境と強いストレス

就職・転職・結婚・離婚・転居・一人暮らしや姑との同居を始めたなど環境の変化が起きた時や、常に緊張しいられる職業や、状態のあなたはPMSの症状が重くなります。

 


そんなPMSでお悩みのあなたに♡オススメ『ルナベリー』今なら!120日間全額返金保証付きキャーンペン実施中☆彡