ルナベリー飲んではいけない人とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る



気になるルナベリーの副作用・・・ルナベリーを飲んではいけない人とは?!

 

ルナベリー

 

PMSサプリ『ルナベリー』は、サプリメント自然食品とはいえ、女性ホルモンに働きかける有効成分で、黄体ホルモン(プロゲステロン)に作用するチェストベリーが働きかけます。

 

ルナベリー

 

内容量 30粒 (1袋あたり 約1ヶ月)

 

1日あたりの目安 1粒(1粒13ミリで少し大きめだけど、カプセルタイプで無味無臭で飲みやすい♪)
1粒あたりの値段 初回16.7円 ※2回~132円

 

『ルナベリー』副作用、またはそれに近い症状があるのかどうかは服用前に知っておきたいですよね?
また、今現在薬を常時飲んでいる方は、その薬と併用して良いものか必ず知っておくことは大切です。  

 

PMS改善の目的が、薬と相性が合わず、副作用が出てからでは遅いので。

 

ルナベリー

有効成分
チェストベリー40mg 、月見草オイル100mg 、亜麻仁油100mg、ピクノジェノール 、ワイルドラム 、ブラックコホシュ、イチョウ葉 、レッドクローバー、 パッションフラワー
ビタミンB1、B2、B6、B12 、カルシウム、マグネシウム 、イソフラボン

 

『ルナベリー』の成分の中に、イソフラボンがあります。これは大豆から採れる成分です。

 

  • 大豆アレルギーの方
  • ゼラチンへのアレルギーがある方
  •  

    の方は飲むのを控えましょう!

     

    また、女性ホルモンへの働きかけに効果のあるチェストベリーという成分が主成分として配合されているので、

     

    • 授乳中または妊娠中の方
    • 避妊や生理痛緩和のためにピルを服用している方
    • 婦人科系統の治療のためホルモン剤を服用している方

     

    の方はルナベリーも、サプリメントと言えども、PMSの日本初の改善薬として人気の『プレフェミン(ゼリア新薬)と同等量の女性ホルモンに働きかけるチェストベリー40mgが含まれていますので自己判断では飲まないでくださいね!

     

    あとは、うつ病の薬を飲んでいる方もNGとされています。

     

    現在、薬を服用されている方や持病のある方、薬の飲み合わせなどがありますので一度かかりつけの医師に相談する事を強くオススメします!

     

    PMSサプリ、ルナベリーは1日1粒で手軽で簡単♪ ルナベリーなら、飲み忘れの心配も少なくストレスなく続けられそうですね!  
    大きさは1粒13ミリの大きさで、ほぼ無味無臭!表面はツルツルのソフトカプセルなので飲みやすくなっています。

     

    今なら、初回限定!公式サイトからルナベリー定期コース(トクトクコース)で購入した方のみの特典です♪ルナベリー120日全額返金保証付キャーンペン実施中♪

     

     

    ルナベリーメインへ