生理前の胸の張りや痛みが…原因と対処法は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る



生理前の胸の張りや痛みが…原因と対処法は?

 

ルナベリー

 

生理前に胸の張りや痛みを感じたり、胸のサイズが大きくなる人はかなり多いです。
この乳房の症状は、PMS(月経前症候群)の身体症状で最も多いとされていて、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの働きによって起こる症状で病気ではありません。
また、乳汁分泌ホルモンのプロラクチンが影響している場合もあります。

 

エストロゲンには、乳腺を拡張させる働きがあり、プロゲステロンには乳腺の発達を促す働きや水分を貯め込む働きがあります。そのため生理前に胸の張りや痛みがおこるのです。

 

簡単に言えば胸がむくんでいる状態です。

 

 

胸のサイズは、女性ホルモンが正常に分泌されていると、生理前になるとワンサイズ程度大きくなるともいわれています。この変化はあなただけじゃなかったのですよ!

 

生理前は胸のサイズが大きくなり、胸の張りや痛みを感じる人も多く、血液やリンパの流れも滞りがちになります。生理前には、ノンワイヤーのものや、胸を締め付けないタイプのゆったりしたブラジャーなどで、血行やリンパの流れを妨げないようにするとよいでしょう。また、体(胸)が冷えると良くないので、浴槽に浸かって胸の周りを温め血液循環を良くする事も効果的です。

 

普段から、お風呂で胸をマッサージするのもオススメです!
肩等が凝るように、胸だって凝ります。また、胸の血流が良くなり自身で乳癌のセルフチエックもできますよ!

 

鎖骨のところに大きなリンパ節があります。

 

鎖骨と脇のリンパが詰まった状態ですと、老廃物や溜まった水分がうまく排出できずに胸がパンパンになったままの状態が続くことがあります。
毎日のお風呂で体を洗うついでに、この周りのリンパを優しく流してあげましょう。
強くすると具合が悪くなることがありますので、痛いと感じる一歩手前で行ってください。

 

プロラクチンの影響で、生理前の胸の張りや痛みがおこる場合も!

 

乳汁分泌ホルモンのプロラクチンが影響して、生理前に胸の張りや痛みを感じる場合があります。プロラクチンは、通常妊娠や出産すると分泌量が高まり、乳腺を刺激して母乳を出したり、排卵を抑制する働きがあります。

 

しかしストレス等が原因で、妊娠していないにかかわらず、過剰に分泌されることがあります。プロラクチンが過剰に分泌されると、胸の張りや痛みがおきたり、排卵が起きにくくなり、月経の周期が乱れることがあります。

 

チェストベリーは、PMSによる胸の張りと胸の痛みに効果あり!

 

チェストベリー

ルナベリー

 

PMSに効果のある成分チェストベリー

 

チェストベリーのサプリメントとPMS(月経前症候群)についての臨床試験は数多く行われており、科学的根拠のあるハーブ・サプリメントです。

 

チェストベリーは、PMSの原因とも考えられている黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促進する作用があるとされ、古来から女性のホルモンの治療に使われている由緒あるハーブの1種です。

 

PMS(月経前症候群)を始め、生理不順、ニキビにも効果がある事が臨床試験で成果が出ていて、安全性も認められている成分なので副作用などの心配もまずチェストベリーに対するアレルギーをお持ちの方以外はありません。

 

ルナベリーには1日摂取量である40㎎がしっかりと含まれているため、PMS(月経前症候群)医薬品と同等の効果を期待することができますので、高いPMS改善効果が期待できるでしょう♡

 

チェストベリーは、ハーブですが苦みと渋みが強く、香りや甘みがほとんどありません。ハーブティーとしては単独では飲みにくいので蜂蜜を入れたいして飲まれることが多いです。

 

チェストベリーは、サプリメントで摂取するのも簡単で手間いらずPMS改善緩和にとても効果的ですよ。

 

 

ルナベリー

 

今なら、初回限定!公式サイトからルナベリー定期コース(トクトクコース)で購入した方のみの特典です♪ルナベリー120日全額返金保証付キャーンペン実施中♪

 

 

ルナベリーメインへ