生理不順は不妊につながる?病気の可能性もあるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る



毎月やってくる女性の生理。しかし、きちんと毎月こないと悩んでいる人も多くみえます。

 

定期的に訪れないと良くないのですが、女性の体はとってもデリケート。環境の変化、人間関係、恋愛、ストレス等の様々な要因で女性の心と体は微妙に変化し、その影響が生理にダイレクトに表れます。

 

生理不順を放っておくと不妊につながる恐れもあるので注意が必要です。

 

今回は生理不順と不妊の関係や、生理周期を安定させるための対策をまとめました。是非参考にして下さい。

 

そもそも生理不順って、どういう状態を言うの?

 

正常な生理周期は25~38日周期で、月経持続期間は3~7日間。この範囲から外れると「生理不順」といわれます。

 

3ヶ月以上生理がない状態を「無月経」、生理周期が24日以内の場合は「頻発月経」、39日以上3ヶ月未満で生理が来るものを「稀発月経」と呼びます。

 

また、1回の生理で出血が8日以上続くものを「過長月経」、2日以内で終わってしまうものを「過短月経」といいます。

 

生理不順は何故、不妊につながるの?

 

女性ホルモンの分泌バランスは、ストレスなどちょっとした原因で崩れやすいもの。「前回までは生理周期が規則的だったのに、今回は違った」ということもよくあります。生理不順が一時的なものであれば、過度に不妊リスクを心配する必要はありません。

 

しかし、生理不順が続くき、それを放置していると、ホルモンバランスの乱れが慢性化し、妊娠しづらい体質になってしまう恐れもあります。
また、子宮や卵巣に病気が隠れている可能性もあるので、そのような方は絶対に放置せず婦人科を受診して検査を受けましょう。

 

女性と生理は切っても切れないとっても重要なものなのです!

 

生理不順の原因になりうる病気のうち、不妊につながる恐れがあるものをいくつかご紹介します。

 

子宮の病気

 

子宮筋腫や子宮腺筋症など、子宮の病気が原因で過長月経・過多月経が起こることがあります。これらの病気がある場合ひどい生理痛を伴うこともあります。

 

妊娠を希望する場合、低用量ピルやホルモン剤による薬物療法や、病巣のみを摘出する手術療法が行われます。しかし、症状や病気の進行具合などによっては、子宮を全摘出する必要があることもありますので、早期発見が鍵です。

 

黄体機能不全

 

黄体機能不全は、排卵・受精に異常はないものの、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が不足し、子宮内膜の発育異常が起こるものです。生理周期のうち、「黄体期」が短くなるため、頻発月経が起こることがあります。

 

子宮内膜が厚い状態で維持されないと、受精卵がうまく着床せず、妊娠しづらくなります。また、着床したとしても妊娠の維持ができず、受精卵が育たないまま妊娠が中断してしまう可能性もあります。

 

黄体機能不全が不妊の原因になっている場合、排卵誘発剤で排卵を促す、ホルモン剤を投与して黄体ホルモンを補充する、などの治療が行われます。

 

無排卵周期症(無排卵月経)

 

生理周期が51日以上の稀発月経の約30%、19日以内の頻発月経の約60%は「無排卵」だといわれています。自覚症状はほとんどありませんが、生理周期が不順なことが多く、生理の期間も長かったり短かったりします。

 

無排卵周期症は、卵巣機能は保たれているものの、排卵は起きていない状態です。排卵がなければ妊娠はできないので、妊娠の希望がある場合は排卵誘発剤などによる治療が必要になります。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

 

卵胞が完全に発育しない状態で、嚢胞としてたくさん卵巣内に溜まってしまう病気です。罹患率は6~10%で、無月経や稀発月経などの生理不順の原因になります。

 

卵胞が発育途上のままなので、排卵障害を起こし、不妊につながってしまう恐れがあります。妊娠を希望する場合、排卵誘発剤を使うか、手術で卵巣皮質に穴を開けて自然排卵の可能性を高めるなどして治療します。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)には、『ピニトール』って言う成分が有効なんです!

 

ルナベリー

 

このピニトールが不妊の原因の一つである多嚢胞性卵巣症候群にも有効だとされていて、排卵率UPのデータ報告もありアメリカでは医療現場でも使用されているようです。

 

日本ではあまり聞いたことのない、ピニトールという成分ですが、アメリカではすでに多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)用のサプリとして販売されています。

 

また、ピニトールはアメリカ食品医薬品局に登録されている有用性のある成分ですので身体に悪影響を与える心配はまずありません。

 

そこで、オススメなのが!今までの葉酸サプリにはなかった話題の新成分、業界初『ピニトール』を配合している葉酸サプリがあるんです!その名は、『ベジママ』

 

ルナベリー

ルナベリー

 

⇒【マカ・葉酸を超える】新妊活サプリメント『VEGEMAMA-ベジママ』公式サイトはコチラ

 

 

生理不順による不妊を防ぐには?

 

生活習慣の乱れやストレスが生理不順の原因となっているのであれば、できるだけ早く正常なサイクルに戻すため、生活習慣を改善し、ストレスの要因を取り除く努力が必要です。

 

まずは以下のことを心がけてみてください。

 

ルナベリー

 

● 栄養バランスの取れた食事を取るなど、健康的な食生活をおくる
●アルコールは控えめに、煙草は吸わない
● 規則正しい生活、睡眠を十分にとる
● 過激なダイエットをやめる
● 自分に合ったストレス解消法を実践する
● 精神的に自分を追い詰めない、気持ちを切り替える

 

しかし、注意すべき点は生理不順の原因が単なるストレスではなく、先ほどご紹介したような病気の可能性もあるかもしれません。
生活習慣を改善しても生理不順が続いたり、不正出血など他にも症状があるときは、婦人科を受診し、検査を受ける事をオススメします。

 

生理不順で不妊を招かないようにしましょう!

生理不順ぐらい大丈夫と生理不順を放っておくと、ホルモンバランスの乱れが治らず、不妊につながる恐れもあります。
生理不順の方は、できるだけ早く婦人科を受診しましょう。婦人科系の病気が潜んでいる可能性だってあります。

 

定期的に婦人科を受診し、早期発見は重要です!

 

また、生理周期が不規則になると、生理のリズムがつかみづらくなってしまいます。普段から基礎体温をつけておくことで、自分の体のリズムを客観的に把握できるので、是非実践してみて下さい。妊活にも基礎体温は役立ちます。

 

・ブルーあの日も笑顔で過ごせる!チェストベリーや月見草オイルなどを、ぎゅぎゅっと1粒にした『ルナベリー』

その女性特有の「イライラ」や「モヤモヤ」。諦める前にまずは試してください!

★たっぷり1ヶ月分を?実質無料?でお届け★

 

 

 

ルナベリーメインへ