お酒とPMSの関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る



 

PMSとお酒の関係

 

ルナベリー

 

月経前になると精神的・肉体的な変化(PMS)によりイライラする、怒りっぽくなる、ヒステリックになる等攻撃になってしまう方、その逆で落ち込みやすく憂鬱になるといった症状がある方も。

 

人によってPMSの症状は様々だと思います。そして、お酒につい走ってしまう方もみえるのでは・・・?

 

お酒を飲む事で、不快な精神状態から解放されるというメリットも確かにあると思います。

 

しかし、PMSにお酒は厳禁といわれています。

 

その理由とは・・・?

 

生理前は女性ホルモンの1つであるエストロゲンが増加する時期なのです。

 

エストロゲンには肝臓のアルコール分解能力を低下させてしまう働きがあることが分かっています。

 

したがって、PMSの症状がある時期はり、悪酔いしやすい時期だといえるのです。

 

この時期に飲酒に頼っていると肝臓へのダメージが蓄積されてしまい、お酒に助けてもらう期間が長ければ長いほどアルコール依存症に陥りやすくなります。

 

また、個人差は多少ありますが、女性は男性よりも基本的には肝機能が弱いです。

 

肝臓の働きが低下しアルコール分解をしにくい生理前に飲酒をすることは避けるのが良いですね。

 

お酒好きな女子の為に・・・

 

お酒好きなのに完全に禁酒をすることでストレスが溜まってしまうのも良くないので、少量で満足できる工夫やアルコール度数が控えめなお酒をチョイスしたり、ノンアルコールで雰囲気でも楽しんで工夫をする事をオススメします(^^♪

 

このPMS時にアルコールの摂取を控える事で、PMSの症状の不快な症状も実は緩和もされていきます。

 

もっとオススメなのは、基本的な事ですがバランスの良い食事と規則正しい生活、早寝早起きで質の高い睡眠をとりストレスを上手に発散しましょう(^^♪

 

またPMSサポートサプリ等も取り入れてみるのも良いかもしれません!

 

ルナベリー

 

▼PMSサポートサプリ♡ルナベリー120日全額返金保証キャンペーン実施中▼

 

ルナベリーメインへ