主成分チェストベリーの効果と副作用は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る



ルナベリーに含まれるチェストベリーって何?

 

チェストベリー

ルナベリー

 

チェストベリーは、PMSの原因とも考えられている黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促進する作用があるとされ、古来から女性のホルモンの治療に使われている由緒あるハーブの1種です。

 

PMS(月経前症候群)を始め、生理不順、ニキビにも効果がある事が臨床試験で成果が出ていて、安全性も認められている成分なので副作用などの心配もまずアレルギー以外はありません。

 

ルナベリーには1日摂取量である40㎎がしっかりと含まれているため、PMS(月経前症候群)医薬品と同等の効果を期待することができますので、高いPMS改善効果が期待できるでしょう♡

 

ルナベリー

 

チェストベリーはPMS対策に効果ありそうですね!実際のところはどう?

 

チェストベリーはホルモンバランスを整えて、PMSを緩和してくれる効果があり、PMSで悩む女性を開放へと導いてくれるでしょう!

 

しかし、効果を期待するには長く飲む必要があるので、普段の生活にチェストベリーを取り入れ、少しずつゆっくり気長に改善していきましょうね。
即効性があるものは、実は副作用も正直心配ですからね。

 

チェストベリーの副作用の心配はありますか?

 

目立った副作用は報告されていませんが、摂取し過ぎが続くとホルモンバランスを崩すこともあるため、過剰摂取、摂りすぎには注意してください。

 

18歳以下、妊娠中、授乳中、婦人科系病気の治療中、経口避妊薬ピルを使用している人は、通常の状態とホルモンバランスが違いますので、ホルモンバランスを崩しやすいです。このような方は特に注意が必要です。チェストベリーを摂ってもいいか自己判断は危険ですので、必ず医師に相談してからにしましょう。

 

ルナベリー

 

▼今なら♪ルナベリー安心の120日約4か月の全額返金保証付▼

 

ルナベリーメインへ